メニュー

アレルギー性鼻炎

私たちの体には、外部からウイルスなどの異物が入ってきた際に、抗体を作って異物と戦う「免疫」という機能があります。
アレルギーはこの免疫反応が、特定の物質に対して過剰に起こる反応のことをいいます。代表的な疾患には、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、 気管支喘息、食物アレルギーなどがあります。

アレルギーの原因となる物質を「アレルゲン」と呼び、下記のものが有名です

  • スギやひのきなどの花粉
  • 食物や薬物
  • ダニ
  • ハウスダスト

アレルギー性鼻炎の症状は、たてつづけに起こるくしゃみ発作、引き続いて起こる多量の鼻水、鼻づまりです。他に目の痒み、流涙、頭痛、嗅覚障害などを伴うことがあります。決まった季節のみに発作が起こる季節性アレルギー性鼻炎(春の花粉症など)と、季節には関係なく1年中起こる通年性アレルギー性鼻炎(1年中飛散しているハウスダストやダニなどが原因)があります。いずれの場合も発作中の症状は同じです。  

検査

アレルゲンの特定をするための検査(血液検査)をおこないます。アレルゲンが判明すればアレルゲンを避けるといった予防策を取ることができるようになります。1つだけでなく、複数のアレルゲンに対して反応がある方も多いため、複数の反応を一度に検査します。、(検査には3割負担で4千円程度かかります。結果が出るまでに1週間程度かかります。)手術療法や減感作療法前には治療内容および治療時期の判断のために血液検査を行います。検査をご希望の方はお申し出ください。

治療

アレルギー性鼻炎の治療において、減感作療法のみが根治的治療に近い治療法ですが、それ以外の治療は対症療法が基本となります。

(1)内服薬

抗アレルギー薬、副腎皮質ステロイド等の内服薬を単独、または組み合わせて内服して頂きます。特に抗アレルギー薬については継続内服することが重要です。また、抗アレルギー薬は効果を十分に発揮するまでに数日かかるものが多く、アレルギー性鼻炎の症状が出現する前から内服を開始すると効果的です。

(2)点鼻薬

アドレナリン系薬剤や副腎皮質ホルモン薬などの鼻粘膜に対する噴霧薬です。内服薬にあるような眠気といった副作用はありませんが、アドレナリン系薬剤では効果持続時間が短い点、長期間使い続けると逆に鼻閉がひどくなることがある点、目の痒みなどの鼻の症状以外には効果がないといった問題点もあります。

(3)手術療法

1年中鼻炎症状がある場合、季節性アレルギー性鼻炎が非常にひどい方には、レーザーによる下鼻甲介粘膜焼灼術(鼻汁を最も出す部位の粘膜を焼灼し、粘膜の縮小により鼻閉の改善、鼻汁の減少を図ります。日帰りでの局所麻酔での手術となります。3割負担で1万円程度です。)や下鼻甲介粘膜下骨切除術(最も鼻閉の原因となっている部位の骨を粘膜下に切除して鼻閉の改善を図り、粘膜を裏側から焼灼して鼻汁の減少を図ります)などがあります。これらの手術は鼻症状の改善を目的としており、くしゃみ、目の痒みには基本的に効果がなく、鼻汁も完全になくなるわけではありません。手術をご希望の方は担当医と御相談下さい。より積極的な手術として後鼻神経切断術といった手術方法もあります(全身麻酔下の手術となります)。

(4)減感作療法

アレルゲンがスギとダニと判明している場合に、アレルゲンを少量ずつ舌下投与するという免疫改善の療法もあります(5歳以上の方に適応となります)。詳細については担当医にご確認下さい。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME