メニュー

いびき・睡眠時無呼吸症候群

日中の過度の眠気や睡眠中に大きないびきがある場合には睡眠時無呼吸症候群の可能性が疑われます。周りの方に無呼吸を指摘されたことがあるのであれば、簡易PSGによるスクリーニング検査をお勧めします。当院では、ファイバースコープ等でのどにいびきの原因となる病気がないか評価した上で簡易検査をご案内しています。

簡易検査は自宅で機械を取り付けて一晩寝て頂き、睡眠時無呼吸症候群があるか評価をします。簡易検査で睡眠時無呼吸症候群が疑われたら、さらに詳しい終夜睡眠ポリソムノグラフィー(PSG)が出来る施設を紹介します。

簡易検査で重症または終夜睡眠PSGで中等症以上の睡眠時無呼吸症候群が確定した場合、CPAP(Continuous Postive Airway Pressure)という睡眠時に鼻に装着したマスクから空気を適切な圧力で送り込むことによって、気道の閉塞を防いで無呼吸・低呼吸をなくす治療法の保険診療での適応となります。当院ではCPAPの導入および管理を行っています。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME